温泉ソムリエの温泉旅行記

温泉ソムリエのオオツルの温泉訪問記

そもそも「温泉」とは?冷たくても温泉?

そもそも温泉とは?

 

 

温泉法の概要 [温泉の保護と利用]

 

温泉法というものがあるんですよね。

法によって定義されているんです。

 

さっそく奥が深い!

 

(定義)
第二条 この法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。
 この法律で「温泉源」とは、未だ採取されない温泉をいう。

 

別表


  一 温度(温泉源から採取されるときの温度とする。)
                       摂氏二十五度以上
  二 物質(左に掲げるもののうち、いづれか一)
     物質名
                   含有量(一キログラム中)
   溶存物質(ガス性のものを除く。)
                 総量一、〇〇〇ミリグラム以上

 

「温泉法」本文より引用しましたが
温水だけでなくても、成分が出ているガスに水を足しても
定義上は温泉となるんですね!
 
 
別表は見にくいですかね(-_-;)
温度または物質なのでどちらかが満たされていればOKです。
 
 
25℃以上の水か、含有成分が規定値に達しているか。
なので、法的には冷たい水でも「温泉」ということになる場合があります。
 
 
または、成分がなくても温泉ということになります。
 
 
温泉と言っても様々な種類があるので
温泉に行ったときは
源泉が何度なのか、成分は何があるのか…
なんて視点を持って入ってみたら
温泉ソムリエに近づけますよ!